涙君さようなら

以前どこかで感じた感覚だった

就寝中に誰かに揺すぶられる

何かをこちらに伝えている

そのキーワードは寝ぼけた頭の中を一瞬で駆け巡り
言葉は感覚となり、臭いに変わる

この臭い

そーか、4年前の6月、

母親の時と同じヴァイブスだ

IMG_5204

涙も枯れ果てて、
その小さな体は小さな骨壺に収まって、
やっとこちらが一息入れれる状態に落ち着いてからの
事後報告だけれども、
我が家のツンデレ不良猫娘のWAXが28日早朝未明に亡くなりました

享年16歳と6ヶ月だったよ

去年、2013年の夏頃からお腹にシコリが出来始めて
冬頃にはお腹外側に出来る腫瘍へとなっていった

腫瘍が擦れてからの出血も多くなり
そこから1年間お腹お周りのケアをしてあげるプチ介護の日々だったよ

結果1年間の闘病

でもWAX的には食欲も有るし毛ツヤも有る
坊にちょっかい出されても坊が返り討ち、
なんて事もしょっちゅうで、
こちらもそれほどシビアには考えてはいなかったね

IMG_8617
新入りの坊をディグり中

今月入っても陽気の調子が良い日中なんかは自力で
ベランダの日当り良い場所に寝そべってウトウトしてたり
していたんだけれども24日頃から容態が急変

食欲は無くなり自力歩行も困難な状態
26日にはクリニックへ連れて行き
患部の掃除と注射を打ってもらう

多少食欲は戻るもやはり相当調子は悪そう

27日朝、自力歩行が難しいハズなのに
自分の寝床から俺達のベッドルームまで来て
嫁さんの近くで久々朝まで寝れてた模様

そしてその翌朝未明に旅立って行ったよ

結果辛そうだったのは最期の3〜4日間、
そして最期はクリニックで綺麗にして貰えたし
最期の晩は俺達の部屋で寝れたって事が救いかね

ペットフードの向上も有って家猫の寿命が15年越えもザラになってきた昨今

16で実家が崩壊して家を出た俺が
記憶が曖昧な幼少の頃から家に居た時間より
長く一緒に居てくれたWAX

俺は勿論、嫁さんが精神的に参ってる時も
何時もただジッとそばに居て嫁さんを元気付けしてくれたり

まだまだ何も判っちゃいない坊だけれども
恐らくは彼に生命体の意義は伝えてくれたハズ

本当に今までありがとう

そっちでウチのオヤジ、マム、次兄とうまくやってってくれ!

WAX

RIP

WAX
1998/6/17-2014/12/28

  • オフィシャルサイトはこっち
  • ユーラのfacebook